VODにはデメリット要素はあるのかについて

VODは新しいメディア視聴の形となっています。
人気も高く、年々利用者は増加傾向にあるようです。
魅力的な要素があるからこそ増加傾向にあるのですが、合わせて知っておきたいのがデメリットとなりうる要素です。
そこでここでは、VODのメリットという点について考えることにしましょう。

あまり利用をしない月でも料金は発生する

月額利用金制度でVODを利用するという場合、あまり見ない月があっても当然ながら月額料金はかかってしまう。
見ることにむらが出てしまいがちだという場合には「損をする月・得をする月」というものが出てくるかもしれません。

もし、どうしても先のような経済的な要素が気になるという場合にはプラン選択をしてた抱くのも良いかもしれません。
U-NEXTなどでは家族や友人とシェアができるというプランも提供されていますから、そうしたものを取り入れるのもおすすめとなっています。

個別課金に対するデメリット

VOD利用者は月額料金を支払って利用をしている方が多いのですが必ずしもではありません。
U-NEXTやdTVは有料動画を提供しているというサービスもあるのです。
そうなると、ある程度の価格となってしまうというケースもあるでしょう。

料金についてですが、アニメですと200円前後・新作品ですと500円前後がかかるという場合もあります。
例えば、TSUTAYAなどレンタルショップを利用することと比較をすると新作が400円前後ともいわれていますので、デメリットであると感じる人も出てくるでしょう。

ただ、個別課金をしても「返却」という手間がありませんから、そうした点にメリットを見出すという方も少なく無いようです。

通信料の問題について

モバイルツールなどから利用をする場合、データ通信料がかなり大きくなってしまうという事があります。
もし、Wi-Fi環境で視聴をすることが出来ないという場合には「ダウンロード機能」が用意されているVODサービスを利用していただくことをおすすめしたいと思います。
こうしていただくことで通信料をかけることなく楽しんでいただけます。

VODデメリットについて考える

今回は「デメリット」という点について考えていきました。
しかしながら、そのデメリットをカバーできる要素などがあるということもお分かりいただけたのではないでしょうか。
こういったVODの基本的な知識を知ってからサービスをお等に利用しましょう。