ケーブルで接続すればテレビで見れる

携帯電話やスマホ、パソコンなどを使えば確かにビデオオンデマンドを楽しむことができますが、
テレビ画面に比べると小さいなあという風に思うのではないでしょうか。

こういう時にHDMIケーブルで端末とテレビをつなげることができれば、
これらの画面をミラーリングする形でテレビに出力することができます。

今回はその方法について解説いたします。

PCとテレビをHDMIケーブルで接続する

今のテレビにはHDMI端子が普通についていたりしますので
、PCとテレビをHDMIケーブルで接続することによってPCの画面がテレビに出力できます。

ケーブルを使って接続した後で、
テレビの表示をHDMIモードにしてPC側で外部ディスプレイの接続設定を変えることにより、
現在のPCの画面をテレビで見ることができるわけです。

見逃し配信などもテレビで見ることができるということです。

お互いに対してケーブルで接続すればいいというだけではなく、
PC側の設定が若干難しいですので、それさえ慣れればいいでしょう。

コントロールパネルからデスクトップのカスタマイズに行き、
外部ディスプレイへの接続で複数のディスプレイの設定において拡張表示に変更すればいいです。

順々に辿りながら設定をすれば分かりやすいでしょう。

拡張表示はテレビの解像度に依存した形でディスプレイに出力されます。

スマホとテレビをHDMIケーブルで接続する

スマホにおいてもPCと同じようにテレビとHDMIケーブルで接続することによってテレビに出力することが可能です。

ただ、スマホにHDMI端子が無いということもあり得ますので、
その場合はHDMI変換アダプタを使用することによって接続が可能になります。

最新機種であればまず問題がないかもしれませんが、

何かとトラブルが起きたりしますので、あまり推奨される方法ではないです。

ミラーリング自体を推奨していないことがある

PCやスマホなどとケーブルで接続することによってテレビで見ることができたりしますが、
動画配信サービスでは推奨していない場合があります。

推奨していなかったとしても、ケーブルさえつなげればやれますので、そこのところは自己責任で行ってください。

HDMIケーブルで接続することでテレビで見れる

HDMIケーブルもしくはHDMI変換アダプタさえあらかじめ用意しさえすれば、
設定を行うことによりテレビで見ることが可能です。

ただ、ミラーリングを推奨していなかったりしますので、自己責任でお願いします。