外部デバイスを使ってテレビで視聴する

PCやスマホを使って見るためにあると言われているビデオオンデマンドであっても、
家庭用の大きなテレビでじっくりと見たいというような人もいるのではないでしょうか。
ここでは別の手段として外部デバイスを使用してテレビで視聴するという方法について詳しく解説していきます。

外部デバイスを購入する必要はありますが、
それさえ購入すればテレビが対応していなくてもテレビでビデオオンデマンドが楽しめます。

専用端末を使用する

契約している動画配信サービスによっては専用の端末が用意されていることがありますので、
そこで契約をするということであれば、それを用意したほうがいいでしょう。

例えば、U-NEXTであればU-NEXT TVとか、dTVであればdTVターミナルなどの箱型デバイスを用意すればいいわけです。
専用端末なのでその動画配信サービスでしか使えないことが多いですが、他のところでも実は使えたりすることもあります。

Chromecastを使用する

グーグルが販売しているChromecastという外部デバイスを使用することによって、
動画配信サービスを楽しむことができます。

入っているサービスによっては見逃し配信をテレビにて楽しむことができるわけです。
使い方としてはテレビのHDMI端子に接続して、スマホアプリにてネットワークの設定をすればいいです。
スマホアプリにて再生をすることによって、動画などを楽しむことが可能です。

対応している動画配信サービスはHuluやNetflix、U-NEXT、dTVに限らず、YoutubeやAbemaTVなどにも対応しています。

Androidのスマホ画面やPCのブラウザであるChromeのミラーリングを行うこともできます。

Apple TVを使用する

Apple社が出しているApple TVという外部デバイスを使用することによって、対応している動画配信サービスを利用することが可能です。
これはテレビに接続することができるセットトップボックスで、スマートテレビの機能を果たします。
iPhoneやiPadなどの画面をミラーリングすることができたり、iTunesのコンテンツを使用することができます。

外部デバイスを使ってテレビが見れる

ChromecastやApple TV、専用端末などの外部デバイスを使用してテレビに接続させたうえで、
動画配信サービスを利用することができます。ただ、新しく外部デバイスを購入しないといけないです。