「VODは各テレビ局など配信している所によってサービスが変わります!」の記事一覧

たくさん存在するコンテンツプロバイダー

VODを利用するためには、サービスを提供しているプロバイダーを利用する必要があります。
プロバイダーはたくさん存在しているのですが、どのような業者が存在しているのかを知っておくことも重要でしょう。
主なところを紹介させていただきます。

各局が提供している場合もある

見逃し配信のサービスを提供している定番の業者と言えば、テレビ局が思い浮かぶでしょう。
フジやテレ東、TBSや日テレ、テレ朝などがあるのですが、ホームページに見逃し配信のサービスが設けられているのを見たこともあると思います。
これがビデオオンデマンド(VOD)です。
通常は無料で提供されていることが多いでしょう。

しかし、局によっては登録が必要になる場合や、料金の支払いが必要になる場合もあるので、よく規約を読んでから利用しないといけません。
登録をしなければいけない場合でも、一切料金を取らない場合もあるので、登録が必要でも無料であればよいと思う人もたくさんいます。

局の大半が、1週間限定と言った感じで期間を設けて放送していることもあります。
放送後は動画自体が消えてしまうこともあれば、アーカイブに残っていることもあるでしょう。で

もちろん利用しやすいことや、視聴者に優しいことも重要な判断基準になります。
他にもたくさんプロバイダーがあるので、いろいろと情報収集をしてみましょう。

芸能事務所のグループ企業が導入していることもある

芸能人がいろいろな番組に出演することも多いですが、
この芸能人が所属する事務所のグループ企業などが配信を行っていることもあるのです。
芸能人を少しでも知ってもらいたいと考えるのが事務所側なので、多くの人に見てもらいたいと考えるのが当然だと言えるでしょう。

芸能事務所のグループ企業の参入数は少なくなっているので、限られたところのみで提供されているのです。
基本的に放映されている内容は同じなのですが、
1局に限定して提供されているわけではありませんので、数は多くなっていることが多いでしょう。
数が多くなっているということは、それだけ見てくれる人も多くなる可能性があります。

ただし、自分の事務所に所属している芸能人が出ているか、関係しているような内容の放送に限られていることが多いでしょう。
どのような内容なのかを確認してからでないと、せっかく登録をしたのに面白くないという結果になる可能性もあります。
情報収集も念入りに行う必要があるでしょう。

その他のVOD提供企業

各局や芸能事務所の関連企業などがVODを提供している場合もあるのですが、
もちろんこれら以外の企業でも提供していることはあるのです。
通信業などインターネット関連の企業が多くなっているのですが、
やはりインターネットを利用して利益を得ている企業の場合には、参入することで大きな利益を出すことができるのです。

だからこそ多くの企業が参入しているのですが、
先ほども触れたように、近年は偏向報道や内容のない番組が多いので、テレビを見ない人の数が激増しています。
このような影響もあり、見たいのに見逃してしまうということ自体が少なくなっていると言えるでしょう。
中にはVOD事業から撤退した企業もあるのです。

それでも見たいという人の数はまだ多いので、現在でも視聴する人の数は多くなっています。
よって需要は高い状態なので、中身によってはかなりの再生数を稼げることもあるのです。

オリジナルの作品を提供することもある

中にはオリジナルの配信をしているプロバイダーもあります。
何でも再放送では当然ユーザーを多く獲得することはできません。
まずは多くの人に見てもらうことが重要なので、オリジナルの作品を作ることは避けて通れないと言ってもよいでしょう。