VODの料金制度を把握して快適な視聴環境を作ろう

VODは見逃し視聴や様々なコンテンツが用意されていたりと充実したサービス展開が魅力となっています。
VODを利用していただくには「料金」が必要となってくるのですが、大きく分けると月額制度飲み放題タイプとペイパービューといった個別課金制度があります。
今回は、それぞれに対する選び方について見ていきたいと思います。

月額課金制の魅力について

月額課金の魅力としてはやはり「定額」になりますので、上限となる金額さえ支払えばどれだけ視聴をしても料金がそれ以上かからないという事になります。
ですので、量を見たいという方にはおすすめとなっています。

月額課金制のデメリットについて

デメリットとして考えられることは、あまり数を見ないという場合です。
月に1本程度しか映画を見ないなどとなると、結果としてはレンタルをしたほうが安上がりだったという事もあるでしょう。
また、定額制の場合見られるジャンルというものが決まっていることもあります。
新作などにおきましてはその中に含まれていないこともありますのでこの点も認識しておくと良いでしょう。

ペイパービューの魅力について

こちらは個別課金という形になります。
1つに対して料金を支払っていただくものになるのですが、見たいものに対して料金を支払うという事になりますので数は見ないけれどVODを通して手軽に楽しみたいという方には大きな魅力となってくれることでしょう。
また、新作のラインナップが充実しているという傾向もあります。

ペイパービューのデメリットについて

やはり個別という形式から、多くのものを見るほどに料金は高くなってしまいます。
先の定額制とは違って、とにかく数を見たいという方にはデメリットとなってしまうかもしれません。

用途に合わせて使い分けたい方へ

それぞれの魅力を上手に取り入れたい。
そのような場合には「併用タイプ」のサービス展開を行就ているものをチョイスしていただくとよいでしょう。
例えば、原則として定額制を利用して気になる作品は個別課金をするなどと言うスタイルです。
これですと、満足度という点におきましてもさらに高いものとなってくれることでしょう。

料金制度について考える

今回は、VODで導入をされている料金制度の比較をしていきました。
これらを把握しておくと、より快適な視聴環境を作っていただけるかと思いますので知っておくと非常に便利に楽しんでいただけることでしょう。