先週見逃した番組を無料で見ることができるTVer

見逃し配信ということであれば、わざわざビデオオンデマンドサービスに加入しなくても民放5社が協力したTVer(ティーバー)と呼ばれるサイトにて無料で先週の番組を見ることができます。
最新ドラマやバラエティ番組を見忘れていたということであれば、十分に対応することができ、今となっては100番組以上に拡充しているほどです。
ここではTVerの特徴といったものについて詳しく解説いたします。

放送終了後から次回放送までの1週間がベースとなっている

TVerは民放各局の放送終了後から次回放送までの1週間の範囲で見忘れていた番組にアクセスすることができます。
パソコンでもスマホでもタブレットでも好きなタイミングで見ることができますので、とてもありがたいサービスではないでしょうか。

よっぽどの古いものではTVerで対応しておらず、民放各局がサービス展開している動画配信サービスに有料で加入するか、HuluやU-NEXTなど民放各局の動画配信をサポートしている動画配信サービスに有料で加入するかということになります。

Webサイトかアプリの起動によりアクセスが可能になる

TVerに関して言えばWebサイトにアクセスするか、TVerアプリを起動することによってアクセスすることができます。
PCからであれば前者の方法で行えばいいでしょうし、スマホからであればアプリをダウンロードした上で見たい時に起動をすればいいでしょう。

広告が流れる点には注意をする

TVerは確かに無料で見ることができるということはとてもありがたいことですが、その代わりに広告が流れます。
広告をカットすることはできませんのでそこのところは注意してください。
広告を出しているからこそ無料で楽しめるという側面があります。
現在の民放テレビのような形で無料でテレビが視聴できるのと同じ仕組みを導入しています。

番組開始時や15分おきぐらいに15秒や30秒の広告が流れてきます。
それさえ我慢することができれば確実に見ることができるでしょう。
広告が煩わしいと思っていても見ないといけないという点を除けば、それほど悪いという感じがしないのではないでしょうか。

放送終了後から1週間の範囲で番組を見ることができる

TVerは民放各局の放送終了後から1週間の単位で見忘れていた番組を無料で視聴することができます。
それ以上の期間になると動画配信サービスの利用になってきます。ただし、無料で見れる代わりに広告が流れてきます。