ビデオオンデマンドは運営する会社によってコンテンツの種類が違う?

自宅で好きなだけ映像を楽しむことができるのがビデオオンデマンドであり、民放も参加していることから見逃しにも対応することができます。
それでもいろんな種類がありますので、自分が求めるサービスを絞って契約をすることがとても重要です。

ビデオオンデマンドにもいろんな種類がある

もっとも有名なサービスになっているのが、定額で支払うSVODです。
予約購読を意味するサブスクリプションサービスと呼ばれ、好きなだけ定額料金で楽しめますので、もっとも人気があります。
SVODと同じかたちになるのがAVODになりますが、こちらは広告付きになり無料です。
お金を支払いたくない方におすすめですが、数はとても限られています。
配信サービス
販売用のデジタルコンテンツになるのがEST。
購入する作品によってお金が必要です。
最近はSVODと併用して提供している会社も増えています。
好きなように好きな映像を楽しむことができるサービスです。
こちらはパソコンやタブレッドやクラウドシステムに保存することができますが、ネット上のレンタルショップのような位置づけになっているのがTVODです。
その都度料金は発生し、見る期間も定められています。
レンタルショップのような使い方ができますが、返却をする必要がありませんので、この点はメリットになるでしょう。

このような種類がありますので、自分にあったサービスを求めてください。
主におすすめになっているのが定額で支払うタイプであり、映像によって都度課金するタイプが主流になっています。

民放のサービスは絞ろう

NHKは深夜に再放送がありますので、たとえ見逃しがあったとしても再放送に頼ることができます。
しかしそれができないのが民放です。
たとえばドラマになれば、円盤化されるまで待たないといけなくなり、それまで時間が掛かるのも問題。
しかしビデオオンデマンドの見逃しを利用すれば問題を解決することができます。

ただし民放のサービスは複雑化しています。
単品で支払ったり、パックで販売したり、特定の映像しか見られないようなことも。
だからこそ自分が求める映像を絞って選択することが大切です。
見逃すことがあっても安心できるサービスですが、すべてを求めるとなるとお金がいくらあっても足りなくなるでしょう。

https://youtu.be/h06j6ssQRlQ

映画やアニメ・スポーツに強いなどジャンルがある

このサービスの特徴として、映画やドラマ、スポーツなどの強い会社があることです。配信元の情報をよく掴んでから契約をするようにしましょう。
特に海外の会社であるNetflixは独自のドラマを制作しており、テレビを見ない世代も表れるほど社会現象になっています。
最近はNetflixに追従したかたちで各会社が独自の作品を制作をしていますので、見たい映像に悩んでしまうのがネックです。

付随してついてくるサービスにも注目しよう

定額料金で好きな映像を見ることができるのが最大の特徴になっていますが、それに付随してついてくるサービスにも着目をしてください。
なかなか定額料金サービスになると新作が見られないことも。
しかし都度課金サービスができる会社であれば、最新作を見ることができます。
アマゾンプライムなど有名なサービスです。

どんな映像をみたいのかによって会社が変わってくる

好きなように自分で組み立てることが可能になっているサービスです。
レンタルビデオショップをよく利用するような方にこそ、このかたちを知ることによって支払う費用を抑えるだけではなく、利便性においても自分が受け取るメリットを確認することができるでしょう。