SVODやPPVってなに?ビデオオンデマンドサービスとは違うの?

いまさら聞けないVODって何?上手な活用法は?

近年ではインターネットの普及からさまざまなテクノロジーが開発され、便利な世の中になりました。
その一つとしてビデオオンデマンドがあげられます。
見逃し配信といえば有名かもしれませんが、どのようなサービスなのかを紹介していきましょう。

簡単にいえばインターネットを使った動画配信サービス

ビデオオンデマンドはVODなどと略して呼ばれており、簡単にいえば動画配信サービスのことを言います。
ドラマやアニメ、映画といったものを中心として配信されています。

実店舗に行かずインターネット上で利用することができるレンタルビデオショップのようなものをイメージするとわかりやすいかもしれません。

これらは全てVODのサービスを提供しています。

TV番組を時間が経っても見られるサービスも

特に映画やドラマなどには興味がないと思っている方も多いと思いますが、バラエティ番組や教養番組などを見逃してしまった場合、後からでも番組を見られるサービスもVODサービスを利用するメリットです。

好きな番組があった場合、その時間帯に入れない場合などでは、予約録画をする他方法がありませんでした。
しかしこの方法では忘れてしまうケースも少なくありません。

失敗してしまえば、後に番組が出すDVDなどを購入したり、レンタルをするしか方法がありませんでした。
ただこの方法は確実ではありませんよね。

人気番組でもなければDVD化はされませんし、何よりも販売までのタイムラグがあり興味が薄れてしまう可能性が高いです。

また自分が知らない番組などでインターネットのニュースで話題になって知ったケースや友人達などの会話の中で知るというケースでは録画は間に合いません。

そこで便利なのがVODです。
特にTVer(ティーバー)が有名ですが、民法の公式テレビポータルとして非常に有名ですし、利用者も多いです。
NHKもNHKオンデマンドというサービスを提供しています。

民法では日テレ、テレビ朝日、TBS、テレ東、毎日放送、フジテレビ、朝日放送、読売テレビ、中京テレビが無料VODサービスを提供しています。

また有料でのサービスもTBSと日テレ、テレビ朝日、フジテレビなどが行っており、WOWOWも有料のVODサービスを行っています。

テレビと繋げられるし移動中でも見られる

VODの最大のメリットはスマホやタブレットで利用することができるため、移動中の隙間時間などを無駄にすることがなく活用できることで注目を集めています。

特にテレビ番組の場合には、リアルタイムで見られる場所にいるか、録画するくらいしか方法がなかったわけですからね。
それを考えると非常にありがたいサービスではないでしょうか。

またスマホやタブレットの小さな画面では満足できないという方でも、テレビと簡単に繋げることができるため、大画面での視聴も可能になっているので安心です。

他にもアプリなどのインストールするとダウンロードすることができるコンテンツもありますから、テレビなどの映像メディアを好きな方にとっては、これほど魅力的なものはないとは言えないでしょうか。

好きなものを見たい時にという時代

映画やドラマはもちろんテレビ番組に至るまで現在における映像メディアは、視聴者が好きなものを見たいときに見れるというまさにこれまでの不満を全て解消したような時代になっています。

それを実現しているのがVOD。
有料でしか受けられないものもありますが、民法のテレビ番組をうっかり見忘れてしまった場合でも、多くのテレビ局がVODでフォローしていることが多いですから、後悔をする機会を減らすことができる時代なのです。