VODの中のAVODってなんなの?

ビデオオンデマンドで見逃してしまったテレビ番組を出勤時などの隙間時間を上手に使って楽しんでいるという現代人は少なくありません。
実は動画配信といっても種類があります。

ここではVODの動画配信の種類について詳しく紹介しましょう。

VOD市場も競争が激化

2015年から民法を始め、NHKもVOD市場に参入し、競争が激化している状況です。
AmazonプライムやNetflix、Huluなどに比べると後手を踏んでいる状況ではありますが、近年では盛り返しの兆しも見えている状況ですね。

VODって何?というところは分かっても、PPVとの違いってなんなの?だとか、AVODやSVODなんて表記をしているところもあって、正直細かな違いが分からないという方も多いものです。

それぞれの特徴について把握しておけば、サービスの違いや自分にマッチしたVODを見つけることができるのです。

VODを一緒くたにしている人は多い

VODと一口で言っても種類が存在しています。
例えば無料で視聴することができ、爆発的に利用者が多いAVOD。
代表的なものとしてyoutube、ニコニコ動画、TVerがあげられます。

そしてSVODですが、Netflixfが有名です。大まかにはSVODにカテゴライズされるものの、厳密にいえばSVOD+PPVという配信形態を取っているのがAmazonプライム、Hulu、dTVなどになります。

そして最後にPPV。これはiTunesやGooglePlayになります。
全て映像配信を行っているものですが、それぞれには違いがあることをご存知でしょうか。

AVODとは?

中でもyoutubeやニコニコ動画、TVerなどが有名なAVODにスポットをあてて解説していきましょう。
AVODのAとはAdvertisingの頭文字で意味としては広告を掲載することを意味しています。

つまりAVODという動画配信サービスは、広告を掲載することで視聴者がそれを強制的に見ることになり宣伝ができる。
このことから無料で動画を視聴できるというタイプの動画配信になります。

つまりとにかく無料で映画やテレビ番組などを視聴したいという方であれば、このAVODというスタイルを取っているコンテンツを利用するのがおすすめということになります。

従来の民法テレビ局が行っているスポンサーからの広告費で収益をあげるというスタイルをインターネット上の動画配信サービスでそっくりそのまま行っているわけです。

とにかく無料にこだわりたい方におすすめ

VODと一口でいっても、大きく4種類の配信スタイルがあることがわかりましたね。
中でもAVODはスポンサーの広告収入によって利益をあげる従来のテレビ局と同様のスタイルを採用しており、無料で動画を視聴したい方にマッチしたサービスといえるのです。